まくやについて

-まくやについて-

まくやは、築80年ほどになる京都の伝統的な庶民家を改装した、京町屋ゲストハウスです。

2011年1月1日にオープン致しました。

店主の祖父母が暮らしていた本物の町屋を改装しています。
千本通りから数十歩、ほんの少しだけ大通りから離れることで、まるで京都に住んでいるかのような日々を楽しんでいただけます。

JR二条駅から北に徒歩10分
二条駅からバスを使えば市バスの千本出水で降りて徒歩2分

京都はバスの路線が非常に充実している土地なので、まくやから各方面へのアクセスにも便利です。 京都の中心地、四条河原町。祇園・八坂、嵐山へも簡単にいけます。

 

-まくやの背景-

京都の原風景と言われる「西陣」と呼ばれる地域。
千本通りというと、昔は機織衆、材木問屋が集まり賑わっていました。
最近ではテンポよく音を鳴らす機織の音を聞くことも少なくなりましたが、昔からの京都の町並みをしっかり残す地域です。

当店は製材所で働いていた祖父の住宅をそのまま改装しています。
祇園のように艶やかではありません。
ですが、長年京都で培われてきた住宅の智恵、慎ましい庶民生活、ゆっくりと過ぎていく時間の流れ、そういった京都文化の根っこに触れ、体の芯から染まる京都を提案していきたいと思っております。

伝統と文化の只中に、ふかーく浸ってみてください。 じんわりと染み込んでくる京都を堪能してみてください。

 

-ゲストハウスとは?-

一般的に安宿、素泊まり宿のこと。
日本の中ではまだまだ認知度が少ない言葉ですが、海外での宿泊施設としては良く使われています。
【まくや】では1泊3000円~という低めの料金設定で、敷居の低い京都でいたいと思っています。

浴衣やアメニティの用意はありません。ご用意の上お越し下さい。

土間のおかげで夏は快適なのですが、冬は寒く感じられ、現代の住宅と比べると便利な快適さではありません。
ですが家自体に、季節を感じながら快適に過ごす工夫があります。
宿泊者どうしの交流や新しい出会いがあったり、まるで京都に住んでいるかのようなロングステイもできます。
旅館とは違ったゲストハウスならではの魅力を楽しめます。